今ビルメンが熱い!

ビルメン4点セットの難易度ランク|まずは〇〇からはじめるべし!

ビルディング4点セットの難易度

ビルメン4点セットは下記の4つの資格のことをいいます。

  • 第二種電気工事士
  • 危険物取扱者 乙種4類
  • 2級ボイラー技士
  • 第三種冷凍機械

ビルメンを目指す未経験者であれば、特に取得しておきたい資格です。

そうはいっても、資格の名前からして覚えにくいようなこの4点セットを実際に取得できるのか、未経験者の方なら不安になりますよね。

ということで、こちらではビルメン4点セットについて、その難易度や、どこから手を付ければいいのか、詳しくわかりやすく紹介していきます。

リベルタ

順番に説明するでぇ。

結論からいえば、僕は第二種電気工事士から取得することをおすすめします。

すぐに第二種電気工事士を読みたい人はコチラ

ビルメン4点セットの難易度ランク

では早速、ビルメン4点セットの難易度をチェックしていきましょう。

難易度レベルの低いものから並べてみました。

難易度レベル資格
危険物取扱者乙種4類
2級ボイラー技士
★★第二種電気工事士
★★★第三種冷凍機械

難易度としては、どれも独学でも合格を狙うことが可能なレベルと言われていますが、未経験者にはやや難しい部分もあります。

4つの資格を解説

ビルメン4点セットの難易度ランクがわかったところで、次にそれぞれの資格を詳しく見ていきましょう。

危険物取扱者乙種4類

危険物取扱者乙種4類の難易度

勉強する前にこういったことを言うのもなんですが、この資格は試験前一週間程度の勉強でクリアする方もいるといったレベルの難易度です。

危険物取扱者乙種4類の資格でできること

ボイラーの燃料に使用される重油の保存・管理をするために、この危険物取扱者乙種4類の資格が必要となります。

危険物取扱者乙種4類は、ガソリン、アルコール類、灯油、軽油、重油、動植物油類といった、引火性液体の取り扱いができる資格です。

2級ボイラー技士

2級ボイラー技士の難易度

2級ボイラー技士の資格は、危険物取扱者乙種4類とほぼ同じ難易度です。過去問と似たような問題が出題されることも多いです。

実務経験ゼロであれば、試験合格の他、3日間のボイラー実技講習を受ける必要があります。

2級ボイラー技士の資格でできること

ボイラーを使用した冷暖房機器や給湯機器など、伝熱面積25㎡未満のボイラーの取り扱いができる資格です。

第二種電気工事士

第二種電気工事士の難易度

第二種電気工事士の試験には、筆記試験と技能試験があり、筆記試験に合格しないと技能試験を受けることができません。

筆記試験では合格率が50~60%で難易度は過去問を繰り返し学習していれば、それほど難しいものではありません。

技能試験では、複線図の書き方、工具や練習キットの準備も必要で、未経験者にはややハードルが高いかもしれません。

第二種電気工事士の資格でできること

電気に関わる工事には、この資格が必要です。例えば、電球を交換する程度であれば資格なしでもできますが、コンセントの交換となると資格がないとできません。ビルメンでは最低限の知識という点でも必須の資格です。

第三種冷凍機械

第三種冷凍機械の難易度

第三種冷凍機械の合格率30~40%弱。ビルメン4点セットの中ではもっとも難易度が高い資格です。

冷熱サイクルの基本部分で、構造をしっかり理解しておかないと難しいです。ここを理解してから過去問を繰り返し解いて挑めば、独学でも合格を狙えるでしょう。

第三種冷凍機械の資格でできること

業務用空調等に使用する、冷凍機械設備の保安・管理業務を行うことができる資格です。

ビルメン4点セット まずは第二種電気工事士から!

ビルメン4点セットについて、それぞれ見てきましたが、これら全ての取得を未経験から攻略していくには、最初のスケジューリングがとても重要になってきます。

というのも、ビルメン4点セットは、資格ごとに実施される回数や頻度が異なり、優先すべき順位などもあるのです。

4つの資格を効率よく取得するためには、早い段階で第二種電気工事士をとるのがベストです。

リベルタ

はじめは第二種電気工事士!!

ビルメン4点セットを最短で取得するために知っておきたいこと

では、ビルメン4点セットを最短で取得していくために知っておきたいことを具体的にチェックしていきましょう。

資格試験回数
第三種冷凍機械年1回
第二種電気工事士年2回
2級ボイラー技士全国各地で毎月~月2回
危険物取扱者乙種4類地域によるが毎月~月複数回

難易度の低いボイラーと危険物は毎月のように試験が行われていますが、比較的難易度の高い第三種冷凍機械と第二種電気工事士は、年に1回もしくは2回しかチャンスがありません。

さらに時期を見てみましょう。

資格試験日程申込み
第三種冷凍機械11月のみ8月
第二種電気工事士(上期)筆記5月/技能7月3月
(下期)筆記10月/技能12月8月
2級ボイラー技士地域による試験日の2ヶ月前から受け付け
危険物取扱者乙種4類地域による試験日の約2ヶ月前から受け付け

まず、最難関の第三種冷凍機械は、年に1回、試験は11月に行われます。

第二種電気工事士は年に2回で、筆記試験に合格すれば、2ヶ月後に技能試験があります。下期での受験であれば、第三種冷凍機械と時期が被ってしまうので、できれば第二種電気工事士の試験は上期でクリアしておきたいところではないでしょうか。

このふたつをメインとして、余裕のある時期にボイラーと危険物の試験を入れていくといいですね。

このように計画的にひとつひとつ落ち着いてクリアしていけば、自分の励みにもなり、モチベーション維持にも役立ちます。

ビルメン4点セットは本当に意味があるの?

実務での重要性

がっかりさせるつもりは無いのですが、ビルメン4点セットは、実は現場で必ずしも必要であるとは限りません。

例えば、ボイラーのない現場などでは、危険物の資格もボイラーの資格も必要ありません。

ですが、だからといって全く無意味かというと、そうではないのです。

ビルメン4点セット取得によるメリット

ビルメン4点セットというのは、現場での必要性以外にも、企業が求めているという側面があります。

  • 会社のメリットになる
  • 資格手当がもらえる
  • 転職に有利
  • 契約社員や派遣社員からの社員登用でも有利
  • 知識や実績を証明する手段となる
  • 昇格や昇進の後押しになる

ビル管理会社として、資格を所有している従業員が多数いるというのは、会社としての強みになり、大きなアピール材料となります。

会社に旨味があるということで、資格手当もいくらか期待できます。複数の資格で少しずつでも手当が増えるのであれば、取得しないのは損ですよね。

ビルメン4点セットを全て取得しているということは、知識を持っているという証明であり、転職や社員登用、昇格や昇進等でプラスの判断材料となってくれます。

ビルメンでは、このように資格重視といった風潮がありますので、ひとつでも多く資格を取得していくといいですね。

リベルタ

これで会社も自分もwin-winやな

\プロがおすすめする/
\プロがおすすめする/