今ビルメンが熱い!

未経験者からビルメンマンになるための13項目

ビルの老朽化で必要になるのがビルメンテンナンスの仕事。

高齢化が進んでいるため、30代・40代からでもまだまだチャンスがある仕事です。

リベルタ

ビルメンで長く手堅く働く

この記事を読むと、未経験からビルメンテナンスを始めるために必要な13項目を紹介します。

ビルメンテナンスを始めるための13項目

未経験者からビルメンマンになるために知っておくべき13項目を紹介します。

はじめに仕事内容や気になる将来性について順番にご覧ください。

必要な資格や他の仕事(電気工事)との比較は必須ですね。

それに加えて、将来性も気になるところです。

リベルタ

まずは仕事を知るってのは大事やな

実際にビルメンに必要な資格で、未経験者から取得できるものを紹介しています。

ビルメンの世界では「資格は正義」です。

「未経験社で30代でも仕事はあるの?」

「資格はやっぱりないとダメ?」

そんな疑問にお答えします。

ビルメンテナンスは定年後もながく働いていける仕事です。

プライベートを大事にしたい方や細くながく仕事を続けたい方にビルメンテナンスがおすすめです。

リベルタ

仕事とプライベートを両立できる!

関連資格で強化しよう

ビルメンテナンスでは資格をもっていることが武器になります。

毎年ひとつでも資格をとっていけば就職や転職。定年後の再就職にも有利になります。

リベルタ

2週間で合格できる資格もあるよ

消防設備士や工事担任者、危険物取扱者は未経験者からでも十分狙える資格ですよ。

実際に僕は、危険物や消防設備士は2週間の勉强期間で合格しています。

ぜひチャレンジしてくださいね。

まとめ:定年後も働きたいならビルメン!

ビルメンテナンスになるための13項目を紹介しました。

転職したあとに「こんなハズじゃなかった」なんてならないために、13項目をチェックして進んでいきましょう。

電気工事の仕事もビルメンテナンスも特徴がありますが、基礎になるのは第二種電気工事士の資格です。

景気がよくなると一気に求人数が増加して、給料があがる傾向がありますので、いざというときに焦らないように早めに動ける準備をはじめるといいですよ。

\プロがおすすめする/
\プロがおすすめする/