今ビルメンが熱い!

ビルメンテナンスは資格なしでOK?未経験で挑むのにおすすめの方法

「ビルメンテナンスの仕事をしたいけど、資格も経験もない」なんて悩んでいませんか。

こちらのページでは、ビルメンテナンスの仕事は資格なしでも就職や転職が可能かを中心に、ビルメンを目指す方に向けた情報をご紹介します。

ビルメンをどう目指すか、判断材料としてお役立て下さい。

リベルタ

誰でも始めは未経験者!

>>>>未経験者からビルメンへの転職や資格についてはこちらにまとめています。

ビルメンテナンスは資格なしでOK?

結論から言えば、ビルメンテナンスは資格なしでも正社員として採用してもらえる可能性はあります。ただし、どこでも良ければ、という条件付きです。

年齢が20代から30代前半であれば、採用される確率はより高くなるでしょう。ですが、年齢が上がるにつれ、未経験・資格なしでのハードルは上がっていきます。

「資格なしでビルメンテナンス」の現実とは

ビルメンテナンスの仕事と言っても、種類があり、給料やボーナス、年間休日などもそれぞれ。全般的に平均年収は低めで推移しています。

その中でも、資格なし・未経験OKとなっているビルメンテナンスの求人では、待遇がいいとは言えないところが多いのが現実です。

待遇など何も気にしない、こだわりがないのであれば資格なしでもチャレンジしてみる価値はあります。

リベルタ

行動しないと始まらない!

資格なし・未経験からビルメンテナンスに挑む方法

資格なし、全くの未経験から、ビルメンテナンスの仕事を目指すにはいくつかの選択肢があります。

  • 資格なしでも入社できるところから始める
  • ひとつでも資格を取る
  • 職業訓練校に通う

これらの選択肢についてそれぞれ見ていきましょう。

資格なしでも入れるところから始める

資格を取得するより、とにかく早く就職したい!という場合は資格なしで挑んでみるのも「あり」です。

先述の通り、待遇面などあまり良い条件は期待できないかもしれませんが、実際に未経験・資格なしでも採用している企業もあります。

少しでも良い待遇の企業を希望するのであれば、正社員としての就職や転職の難易度だけでなく、競争率もアップするでしょう。そういったときは、まず嘱託や派遣社員等で入り、実務で経験を重ねて社員登用のルートを目指す方法もあります。
必ず正社員になれる保証はないのですが、最初の入り口として検討してみてもいいでしょう。

嘱託や派遣社員として働いて経験を積みながら資格取得も平行して実践していけば、その先の転職にも役立つはずです。

ひとつでも資格を取る

ビルメンテナンスの仕事では、資格を持っているか持っていないかで大きく評価が変わるもの。資格を保有していれば、資格手当でいくらかでも給与面でプラスになります。

資格試験に挑むとなれば、ビルメンなら知っておいた方がいい知識を効率よく学ぶ機会にもなるでしょう。

企業としても、資格所有者が多くいることは強みとなります。そのため、資格なしの人材よりは1つでも資格を保有していて、この先もさらに資格取得を目指していくような人材が求められるのです。

まずはビルメン4点セットからいくつかでも取得を検討してみてはいかがでしょうか。

職業訓練校に通う

未経験・資格なしの場合、職業訓練校に通うという選択肢もあります。そこまでしなくてもビルメンになれるといった意見もありますが、効率よく前進したいのであればこの選択肢は検討する価値があります。

ビルメンでは比較的年齢層が高いとはいえ、30代後半になってくると経験者や有資格者が求められることも多く、やはり何かしらの資格を持っていた方が安心です。

リベルタ

20代や30代前半のほうが有利なんや!

職業訓練校は就職するための資格取得を目指し、実習も交えながら指導してくれる場所ですから、実務経験も資格もない状況にはぴったりの環境なのです。

職業訓練校のビル管理科では、ビルメン4点セットの取得を目指した学習内容となっています。

ビルメン4点セットを取得していれば、十分なアピールになりますし、場合によっては職業訓練生をターゲットとしたピンポイントな求人で就職が叶う可能性も出てきます。

ビルメンは職業訓練行った方がいい?合格までの道のりは?完全未経験者がビルメンになるためは職業訓練にいくのもひとつの選択肢です。職業訓練に行くメリットとデメリットを理解してビルメンの仕事を手に入れましょう。...

ビルメンなら大手系列系を目指そう

ビルメンでは、大きく分けて

  • 系列系ビルメンテナンス会社
  • 独立系ビルメンテナンス会社

の2つの種類があり、独立系より系列系の方が待遇が良く人気があります。

なぜ系列系の方が人気が高いのか、ふたつの違いも知っておきましょう。

ビルメンの系列系と独立系の違い

系列系のビルメンテナンス会社は、親会社が所有するビル等の管理を中心とした管理業であるために、独立系より待遇が良いケースが多いのです。

一方独立系のビルメンテナンス会社は、営業や入札など競争で現場管理の仕事を獲得する性質上、末端の従業員は薄給となりやすい傾向にあります。

例えば、系列系なら残業代が出るのに、独立系では出ない、というケースもあるのです。ボーナスや休日なども同じです。

これはもちろん企業によっても異なりますが、これからビルメンテナンス業界で仕事をする上ではこうしたことも知った上で、自分に合った仕事探しをしていきたいですね。

ビルメンで待遇がいいのは大手系列系

ビルメンは全般的に平均年収が低めと言われていますが、少しでも上を目指したいのであれば、大手系列系への転職を視野に入れて行動していくといいでしょう。

資格なし、未経験で大手系列系ビルメンに正社員として就職するのはかなり難関と言えますが、ステップアップしながら将来的に目指すことはできるはず。

リベルタ

大手系列は安定してる!

ビルメン業界では、転職はそれほど珍しいことではありません。資格なし、未経験というステージから段々にバージョンアップしていけば、大手系列系で働ける可能性は十分にあります。

そのためには、経験を積むだけでなく、上位資格取得なども検討していくといいでしょう。

ビルメンで資格なしはもったいない

ビルメンテナンスの仕事は資格なしでも可能と言われていますが、待遇など少しでも良い条件を期待するならやはり資格はあった方が良いです。

入社試験の選考でも、例えば同じ未経験者でも、資格持ちの人がいれば、資格なしの方が不利になるのは間違いありません。書類選考だけで落とされる可能性も高くなります。

資格なしでも選択肢が皆無かと言えばそうとは限りませんが、少しでも好条件で働きたいのであれば選択肢は多い方が良いですよね。

リベルタ

悪いことは言わん。資格はとっとけ。

最初から多くの資格を取得するのは無理でも、難易度低めの資格から一つ一つチャレンジしていくことをおすすめします。

\プロがおすすめする/