電気工事ってどんな仕事?

これで儲かる!電気工事士の年収を900万までアップさせて金持ちになった方法!

こんにちは。リベルタ(liberta0101)です。

僕は電気工事士として20年以上働いてきており、現在は電機メーカーに勤務して年収900万円以上を稼いでいます。
このページでは、サラリーマンの平均年収が517万円の今の時代に、僕が実践してきた「年収を900万円までアップさせた方法」を紹介します。

結論としては、資格を取りながら転職エージェントを併用することが最も効率がよく年収をあげることができます。

7つの施策を紹介しますので、自分の挑戦できそうなものから取り組んでみてください。

リベルタ

これはホントにぶっちゃけ話!

【本当は秘密】年収を900万円まで上げた7つの施策

僕が実際に取り組んできた施策を紹介します。
すぐにできるものもありますので、年収をあげたい人はぜひ取り組んでみてください。

1:必要な資格は取っておく

電気工事士は、現場でどれだけ仕事ができても、資格がなければ評価がされない時代です。

必要な資格は早めに取っておくことをお勧めします。
参考に僕が電気工事を始めてからの資格取得を、時系列で下記に書きます。

  • 19歳:電気工事の仕事をはじめる
  • 21歳:第二種電気工事士を取得
  • 24歳:第一種電気工事士を取得
  • 25歳:1級電気施工管理技士を取得

資格を持っていれば、工事案件の配置技術者として名前が挙がることが多くなりますし、関係者に自分の仕事をアピールするチャンスが多くあります。

2:得意な仕事を一つだけ特化する

非常にオススメの方法です。
電気工事といっても多種多様の業務があります。

  • 変電所、受電設備の工事
  • シーケンスの読み解き、回路設計
  • 施工図の作成、工事設計
  • ビルの内線工事
  • 発電機の更新工事

僕の場合は、東日本大震災で特需が発生した発電機の更新工事をきっかけに、発電機に特化して社内や顧客から信頼を得ることができました。
得意分野があると相談される機会も多くなり、自然と名前が売れていきます。

これからは、最新技術のトレンドに乗る電気通信工事とあわせて考えていくのがおすすめです。

リベルタ

自分のブランドを作る

3:誰でもできることは誰かに頼む

時間当たりの生産性を上げるために必要なことは業務の取捨選択です。
生産性を上げれば会社に貢献するのはもちろんですが、下記のようなメリットがあります。

  • 自分にしかできない業務に注力できる
  • 残業が減る
  • 仕事の精度も品質も上がる
  • 周りの社員とコミュニケーションが図れる
  • 自分の仕事が見える化できる
  • 他の人に頼むことでマネジメント能力が身につく

他の人に仕事を頼むのがめんどくさいと思う方もいると思いますが、一人でできる仕事は限られています。
自分の仕事か見定めて、割り切る勇気を持ちましょう。

4:他の人のやらない仕事を積極的にやる

他の人が嫌がる仕事はチャンスです。

仮に失敗しても、「やっぱりな」「仕方ない」と言う程度になりますし、むしろ、僕の経験では誰もやらない仕事にチャレンジした前向きな気持ちを高く評価されることの方が多くあります。

誰もが失敗すると思っている仕事で成功すると、非常に大きな評価を得ることができます。
実際に手を挙げるのは勇気が必要ですが、リスクよりもリターンが大きい典型的な例です。

この内容は、僕がインタビューを受けた小山志織さんの記事『プチ成功体験を積み重ねるコツ』の中で紹介しています。

リベルタ

誰もやらないから価値がある

5:【デスクには札束が眠っている】上司の机を盗み見る

裏技のような方法ですが上司の机は宝の山です

上司の机には下記のような情報が転がっています。

  • 何に悩み、どんなことでつまずいているか?
  • 仕事の状況
  • 放置されている仕事はないか?
  • 誰の書類に付箋がたくさんついているのか?
  • 付箋が付いている書類のチェックポイントはどこか?
  • これから出てくる予定の案件はどんなものがあるか?


仕事の先取りすることで、誰よりも早く自分が種を仕込んでおくことができます。
自分だけでなく、上司よりも先に若手社員のフォローを行うことで信頼を得るとともに、社内の仕事を円滑に回すことができます。

6:相手の求めているレベル感を確認する

非常に大事なことです。
相手が、いつまでに何を目的としているのかを捉える力が必要です。

スピードが求められるとときは、じっくり作成した精度の高い書類を提出するよりも、とにかく早く書類を提出する必要があります。

大事なことなので例に出して話をします。

お客さんが急いで見積もりを欲しいと言っているときに、1週間の時間をかけて、さらに質問ばかりだったらどう思うでしょうか?

僕ならお客さんの立場なら、いてもたってもいられません。
大事なのは「いつまでに、どのぐらいの精度のものが欲しいのか?」ということです。
自分で推測できなければお客さんに確認しましょう。

こういった機微を感じとる力というのは、お客さん相手でも社内でも大事な力になります。

相手のレベル感とスピード感をキャッチできれば、相手から見れば阿吽(あうん)の呼吸で仕事をしているような気持ちになります。

書類や見積書の例を出しましたが、打ち合わせや現場での仕事でも同じことです。

7:優良企業に転職する

安易に転職するのではなく、計画を立てて転職することをおすすめします。

僕は、実際に転職をして年収を100万円以上アップさせることに成功しました。
転職をしてからも、2年間でさらに100万円以上の年収が上がっています。

転職活動でベースになるのは現在の年収です。
まずは現在の年収を上げるために行動しながら、自分の年収が相対的に高いのか安いのか、自分の価値を確認することをおすすめします。

業界によって同じ仕事をしていても年収の差はあるので、業界を分析する力も大切になります。
僕は自分だけの分析では不安だったので、転職エージェントの力を借りて分析をしました。
第三者の意見を聞いたり、定量的に年収を提示してもらうことで、思い込みがなくなるので最もオススメな方法です。

リベルタ

転職は、慣れていないのが当たり前。
慣れてる人の力を借りよう!

若島津くんの三角飛びはいらない

仕事が忙しいとアピールする人がいますが、この「いそがしアピール」は必要ありません。

キャプテン翼で言えば、若島津くんの三角飛びのような横っ飛びは仕事では基本的には不要です。
目指すところは、常に正面で難なくボールをキャッチできるゴールキーパーです。

余裕がない人のところには仕事は回ってきませんし、他の人も寄ってきません。
結果、忙しいアピールをする人は頼りにされない人になってしまいます。

いつでも、まだまだいける余裕な雰囲気を出しながら仕事をすることで、誰からも声をかけられ仕事を振られる環境を作っておくことが大切なのです。

【1000万円も夢ではない】年収をアップさせた方法のまとめ

年収をアップさせた方法のまとめ
  • 必要な資格はとる
  • 得意な仕事に特化する
  • 他の人に仕事を頼む
  • 誰もやらない仕事をやる
  • 上司の机をみる
  • 相手のレベル感を確認する
  • 転職も視野にいれる

1000万円も射程圏内!

僕は、今回挙げた7つの方法を実践していけば年収1000万円も夢ではないと考えています。

特に資格の取得は誰からも評価されるわかりやすい実績です。
第三者から見てわかりやすい実績があるのは、転職をするうえでも有利になります。

資格を取りながら転職エージェントを併用し、業界や市場の分析を進めることが、最も効率がよく年収をあげることができます。

『電気工事士の将来性と、これから更に年収をあげるための3ステップ』はこちらの記事で紹介しています。

ぜひ参考にしてくださいね。

電気工事士の将来性|年収をアップさせるための3つのステップ聞こえてるかな電気工事士の将来性と、これから年収を上げるための3つのステップを紹介しています。実際に僕が取り組んでいる内容なので、年収を上げたい方には参考になります。...
\プロがおすすめする/