電気工事会社の求人を探そう

電気通信工事が「きつい」の本当の理由と4つの有益ポイント

電気通信工事の仕事は、屋外作業が多くきついものです。

「もう続けられない……」と感じてしまうことも、あるかもしれません。

しかし、仕事がきついと感じたときこそ、一度立ち止まり原因をみつけるチャンスです。

今回は、電気通信工事の仕事がきついと感じる理由と、やりがいを感じるポイントを探りました。仕事がきついと感じたときに、試してほしい対処方法もご紹介します。

電気通信工事の仕事が「きつい」3つの理由

まず、電気通信工事の仕事で「きつい」と感じる理由を考えていきます。

電気通信工事の仕事をみると、大きく分けて3つの理由がありました。

1.体力面がきつい

きつい理由の1つ目は「体力面」です。

屋外作業が多い会社の場合、体力面できついと感じやすくなります。

季節や天候に問わず作業するため、特に悪天候の高所作業は、命の危険をともなう可能性もあり、慎重に作業しなければいけません。

他にも、休みが少ないと感じている方もいるようです。
例えば、繁忙期の1月から3月は週2日の休みが取りづらく、身体を休める暇がないため、体力面できつさを感じるケースもあります。

2.精神面がきつい

続いて、2つ目の理由は「精神面」です。

仕事になれない時期は、時間管理がきついと感じることもあります。

LANや光ケーブル工事など、1日にこなす件数が決まっている場合、1つスケジュールがずれこむと大変です。仕事が押してしまい、プレッシャーを感じてしまうこともあります。

取扱う業務によっては、震災や台風、積雪などの天災時に出勤する必要があります。電柱が倒れてトラブルが発生した場合は、災害復旧工事にあたります。急な出勤があることを、念頭に置いておかなければいけません。

3.仕事面がきつい

3つ目の理由は「仕事面」です。

電気通信工事は、知識と技術が必要です。仕事内容によっては一人で作業するため、トラブルもすべて自分で解決しなければいけません。知識と技術がつくまでは、一人で作業をこなすのが辛く感じるかもしれません。

また、通信技術の発展にともない、新しい通信技術を知れる楽しさがある一方、常に知識と技術をアップデートしなければいけない大変さもあります。

他にも、仕事内容に対して「給料が少ない」と不満の声もあるようです。

電気通信工事はきついだけ?やりがいを感じる有益ポイント4つ!

次に、電気通信工事のやりがいを感じるポイントをご紹介します。

電気通信工事は、決してきついだけではありません。

仕事がなくなりにくく、将来性もある仕事です。やりがいを感じるポイントを知れば、仕事への意欲もアップしますよ。

1.仕事の幅が広く、自分にあった業務を見つけられる

電気通信工事は、仕事の幅が広いことも魅力の一つです。

仕事内容を大きく分けると、LAN、電話、テレビ、放送設備、弱電設備の5つがあります。そのため、自分にあった業務を見つけることが可能です。

体力面に自信がない場合は、屋内作業が多い工事を選ぶなど、自分に最適な仕事を選べます。

2.資格があると武器になる

電気通信工事は、資格が大きな武器になる職業です。資格を取ることで、キャリアアップを実感でき、やりがいを感じられます。

資格がなくても仕事はできますが、現場を管理したり、責任者になったりする場合は必須です。特に、「電気通信主任技術者」「工事担任者」「第二種電気工事士」の資格を持っていれば、会社から重宝されます。また、30年ぶりに新設された「電気通信工事施工管理技士」は、まだ取得している人も少ないので狙い目です。

資格取得は大変ですが、知識がつけば仕事のプレッシャーも減り、キャリアアップにつながります。資格手当がもらえる会社は、収入アップも可能です。

電気系の国家資格に詳しくかいています。

3.社会貢献できる

電気通信工事は、人の生活を支える重要な仕事です。

例えば、下記のような業務は社会貢献につながっています。

  • 今まで届かなかった地域に、電波を届けて「電波障害エリア」を減らす
  • 5Gを始めとした通信技術の発展に貢献する
  • 災害時に不具合がないように、緊急放送や非常放送設備の点検をおこなう

仕事の忙しさで忘れがちですが、自分の業務が誰かの役に立っていると実感できれば、より一層やりがいが感じられるものです。

4.将来性がある

電気通信工事で、やりがいを感じるポイントは「将来性」です。

インターネットや電話は、今やライフラインと変わらないほど生活に欠かせません。さらに、テレビや防犯カメラ、放送設備、火災報知器など対応できる業務の幅が広いので、仕事がなくなりません。仕事がなくなる心配がいらず、将来性があることは、大きなメリットです。

また、一人で業務をこなせるようになれば独立する道も選べます。

仕事が「きつい」と感じたときの対処法

仕事がきついと感じたら、一度立ち止まるタイミングです。きついと思ったときに、試してもらいたい対処法をお伝えします。

この機会に、自分の働き方を見直してみましょう。

志望動機や働く目的を思い返す

仕事がきついときに、試してほしいのが「志望動機や働く目的」を思い返すことです。

「どうしてこの会社に応募したのか」「なぜ電気通信工事を選んだのか」を書き出してみましょう。書き出すことで、仕事を始めた頃のやる気を思い出せます。

もし、当初思い描いていた目的から今の業務がずれていたら、見直すチャンスです。

頑張れば達成できる目標をたてる

仕事がきつく働く意欲が下がっているときは、少し頑張れば達成できる目標を立てるのがおすすめ。
達成感を得ることで、仕事のモチベーションアップにつながります。

例えば、工事担任者の総合通信を受けたり、施工管理技士の資格取得を目指したり、大きすぎる目標ではなく、頑張れば達成できる目標を立てることがポイントです。

目標ができると、働く意欲に変化がでてきます。

譲れないポイントを見つける

仕事のどのような点がきついのか理由がわかると、対策がたてられます。

まずは、きついことを書き出して、一つひとつ対応策を考えていきます。

例えば、

  • 高所作業をやりたくないと感じたら、なるべく高所作業のない仕事を探す
  • 仕事がなかなか覚えられず、働き続けられるか不安に感じたら、頑張る期限を決めてみる
  • 通信基地局作りなど山での土木基礎工事が辛く感じたら、土木工事がない業務に変更する

書き出していくうちに、「これだけはやりたくない」と思う譲れないポイントが見つかるはずです。

また、やりがいを感じる点も書き出しておきましょう。譲れない点とやりがいを感じる点がわかれば、転職の道しるべにもなります。

方向性の見直し

これ以上働くのが辛いと感じてしまったら「方向性」を見直しましょう。

今の仕事でキャリアアップできないようであれば、転職を検討するのも一つです。

電気通信工事の知識を活かして、電気工事士を目指すのもいいでしょう。電気通信工事と電気工事どちらも扱う会社も多いため、今までの経験を活かして、ステップアップできます。

電気通信工事は辛いだけじゃない!やりがいのある仕事

電気通信工事の仕事は、体力面や精神面、仕事面で大変さを感じるケースもあります。

しかし、扱う仕事の幅が広く、仕事がなくなりにくいため将来性があります。また、通信技術の発展に関わり整備していくことで、社会貢献につながり、やりがいもある仕事です。

仕事がきついと感じたときは、一度自分のキャリアを見直すチャンス。

働く目的や譲れないポイントを洗い出し、やりがいを感じる業務を増やしていきましょう。

この記事の次は、電気工事と電気通信工事の違いがよく読まれていますよ。

\プロがおすすめする/
\プロがおすすめする/