電気工事士の資格を取る

電気工事士に一発合格するための勉強方法やアプリを紹介!

一般財団法人 電気技術者試験センターの発表によれば、電気工事士の筆記試験合格率は例年60%前後と高めで推移しています。
しかし、この数字は電気工事士の試験が簡単であることを示しているわけではなく、合格にはしっかりとした試験対策が必要です。

年2回の電気工事士試験に向けて、どれだけ集中して勉強できたかが合否を分けます。限られた時間で有効な勉強をするためにも、隙間時間を活用できるアプリを活用しましょう。

今回は電気工事士の勉強に便利なアプリをOS別に紹介します。

電気工事士の勉強にアプリを活用しよう

電気工事士の試験勉強は、参考書や講座などの教材活用が一般的です。
その一方で、近年では試験対策のアプリが多くリリースされ、隙間時間を活用した勉強の方法として広がっています。

アプリでの勉強は、電車での移動や仕事の合間のわずかな空き時間など、スキマ時間を活用できるのが大きなメリットです。さまざまな特徴を持ったアプリが数多く出ていますので、それぞれの特徴を見て自分にあったアプリを選びましょう。

第二種電気工事士試験勉強のオススメアプリ

第二種電気工事士試験対策用のアプリは多くの種類がリリースされています。さまざまな機能を持つアプリの中から、オススメのアプリ3点をご紹介。自分にあった機能をしっかり見極めて最適な一本を選びましょう。

全問解説付 第2種電気工事士 筆記 一問一答問題集

対応OSiOS
価格無料(アプリ内課金730円)

過去問題に挑戦できる、一問一答形式で出題される形式のアプリです。解答には解説も含まれているので、解けなかった問題をすぐに復習でき、素早く理解を深められます。

無料版で使用できるのは20問までであり、730円を支払えば230問まで問題が解法。2020年6月のアップデートで2019年度(令和元年)下期までの出題問題に対応しています。

電気工事士2種 2021 ~試験対策アプリ 過去問 練習問題 解説付き~

対応OSAndroid
価格無料

令和2年度を含む、4年分の過去問題を収録。一問一答式で出題され、解答後にすぐ解説が表示されるため、短時間での学習効率が高いアプリです。

問題だけでなく配線図記号一覧、計算問題公式などの学習コンテンツもあり、弱点を集中的に学習するにも最適です。

俺の電工2種 – 第二種電気工事士の筆記試験アプリ

対応OSiOS
価格無料

過去21期分、1,100問を超える膨大な量の過去問題に挑戦できるアプリです。年度別の出題にも挑戦でき、その年の簡易合否判定も行えます。

解答には解説がなく、淡々と正解不正解を確認し続けるシンプルなつくりなので、とにかく数をこなしたい人や一定の学習を終えた後の力試しにうってつけの一本といえるでしょう。

第二種電気工事士試験 過去問チャレンジ

対応OSAndroid
価格無料

平成24年下期~平成30年上期までの過去問題に挑戦できるアプリです。出題形式は50問、10問、5問の3モードを用意。しっかり勉強したい日は、実際の筆記問題同様の50問モード。隙間時間を有効活用したい日は10問、5問と、選べる出題モードで効率よく勉強できます。

第一種電気工事士試験勉強のオススメアプリ

第一種電気工事士試験対策ができるアプリも数多くリリースされています。ただし第二種に比べるとやや種類が少ないので、第二種と同じ感覚で勉強できるアプリがない場合がある点には注意しましょう。

第一種電気工事士 2021年度対策アプリ

対応OSiOS
価格無料

2021年度試験対策用としてリリースされたアプリ。平成27年度~令和元年度の過去問から抜粋した要点学習問題300問、平成27年度~令和2年度までの過去問題全般を収録し、要点を絞った学習が強みです。

解答には解説もセットになっているので、間違えた問題を即座に復習できるのも、うれしいポイントとしてオススメします。

第一種電気工事士

対応OSAndroid
価格無料(アプリ内課金700円)

このアプリの強みは、平成21年以降の全過去問を収録する問題数の量。理解度による分類分けがされるため、弱点を集中的に学習できるのがうれしいポイントです。

無料では利用できる年度が限定されますが、アプリ内課金の700円で全年度が解放されます。

第一種電気工事士学科過去問題【令和2年~平成21年】【問題11~40】集中学習(計算問題等を除く)

対応OS:Android

価格:170円

対応OSAndroid
価格170円

問題10~40の文章問題に特化した学習アプリ。時間がかかる計算問題を省くことで、問題数の多い文章問題を集中的に、短期間で学習できる特徴的な設計です。

平成21年~令和2年まで、約12年分の過去問が出題される範囲の広さも魅力。有料アプリだけあり、更新の頻度が高い頼れるアプリとなっています。

電気工事士の試験勉強アプリを選ぶポイント

電気工事士試験対策のアプリは種類が多く、同時に特徴もさまざまです。勉強の段階や強化したい目的に応じて勉強方法も変わりますので、その時の自分にとって必要なアプリを選びましょう。

アプリを選ぶポイント1. 解答と解説がセット

解答と解説がセットになっているアプリは、正解したなら復習に、間違ったなら学習が即座にできるのが強みです。

ただしある程度勉強が進んでいるなら、解説無しでどんどん問題をクリアできる形式の方がよい場合もあります。自分の学習レベルや苦手ジャンルに対応する形式のアプリを選びましょう。

アプリを選ぶポイント2. 最新の問題が更新されている

アプリによっては5年ほど前で更新が止まっており、最新の法令に適していないものも少なくありません。
法改正があった分野は最新の情報で勉強するのが鉄則です。アプリの更新日やアップデートノートを確認し、最新の情報が掲載されているアプリを選びましょう。

アプリを選ぶポイント3. 有料版は拡張される範囲をチェック

基本無料アプリの中にも、有料で機能が解放されるものがあります。
問題数が増えるものもあれば、広告が取り去られるだけなど、有料の効果はさまざま。有料で何が解放されるのかを確認してアプリを選ぶとよいでしょう。

まとめ

電気工事士の学科試験は第一種・第二種ともに50~100時間程度の勉強時間が必要と言われています。

社会人がこれだけのまとまった時間を取るのは困難ですが、隙間時間をしっかり有効活用すれば、十分に合格率は上げられます。

短い細切れの時間を活用するには、アプリでの勉強が最適です。自分のレベルにあった出題アプリを探して、電気工事士の学科試験の一発合格を目指しましょう。

【8冊読んでおすすめの電子書籍を紹介!】最安値で第二種電気工事士に合格する方法電子書籍で第二種電気工事士の勉強を試しに読んでみたい方に向けて最安値で参考書を読む方法を書いています。 KindleUnlimitedにはいれば最安値で参考書を読むことができますよ。...
\プロがおすすめする/
\プロがおすすめする/