電気工事ってどんな仕事?

女性におすすめの資格試験|電気工事士は未経験でも需要あり!

近年は建設業界の現場でも女性が活躍する場面が増えてきていますが、その中でも特に女性が活躍する仕事は電気工事士です。

「電気工事っておもしろそう」「興味はあるけど続けていけるか不安」と考えているけど、一歩が踏み出せていない未来の電工女子のみなさん。
電気工事士は、女性が活躍できる可能性が非常に高いブルーオーシャンな市場なのです。

踏み出せていないのは他の女性も同じ。
ですから、一歩を踏み出せばそれだけで差別化できますよ。

女性の電気工事士の作業風景動画をすぐに見る方はこちらをどうぞ。

女性は電気工事士に向いている人がおおい

僕の勤務してきた会社でも女性と働いてきましたが、比較的ていねいに仕事をする人が多い印象です。

電気工事は一歩間違えば、漏電したりショート(短絡)する危険な仕事です。
ですから、遅くてもていねいに積み上げながら仕事をするタイプの方が非常に向いています。

過去に実際に経験した話をします。
僕が現場の説明をしているときに、女性は自分の手帳にメモをとることが多く、男性は比較的すぐに手を動かそうとする傾向がありました。
些細なことですが、同じことを二度言われないためにメモをとることは重要です。

もちろん個人差はあるので一概に女性は丁寧、男性はすぐに手を動かすとは言い切れませんが、思い当たる節がある方もいるのではないのでしょうか。

インテリア系の他の資格との相性が良い

電気工事には、住宅の照明を取り付ける仕事もあります。

工事の設計段階で、インテリアの勉強をしている女性の電気工事士に「こんな照明もおすすめですよ」といわれたらクライアントの安心感も増すのは間違いありません。

たとえば照明のプロとして照明士の資格を電気工事士と合わせて取得するのも良いですし、インテリアコーディネーター の資格を勉強するのも良いでしょう。

個人的な意見になりますが、照明の提案は男性に理詰めで説明されるよりも、資格をもった女性に説明された方が共感しやすくセンスの良さを感じます。

男性の電気工事士にはない強みを女性は持つことができるのです。

仕事で差別化できるうえに資格の勉強をすることでご自身の生活も豊かになる。メリットしかありませんね。

男女の割合

男女の割合は、男性が94.3%、女性の割合は5.7%です。

5.7%という数字は、国土交通省が発表している2級電気工事施工管理技士(一次試験)の合格者の男女の割合になりますので、電気工事の割合とまったく同じではありません。

しかし、100人いたら女性の割合が5人というのは納得感のある数字です。

合格者が2,235人ですから、令和3年の女性施工管理技士(一次試験合格者)は127人になります。

2級電気通信工事施工管理技士の女性合格者の割合は5.8%と、電気工事より若干多くなっています。

国土交通省 令和3年7月6日 ~初の2級技士補が誕生!~

参考資料:令和3年度2級技術検定「第一次検定(前期)」合格者の発表

電工女子の仕事風景

実際に電気工事の仕事をしている女性はいるのかユーチューブで検索してみました。
こちらは3分52秒の短編動画ですので、ぜひご覧になってください。

動画は実際にボードを開口している作業風景になります。

すごく上手に開けていますので、女性も男性も関係なく仕事ができることがわかります。クライアントがこの様子をみたら安心して仕事をまかせられますね。

まとめ:電工女子のパイオニアになれる


全日本電気工事業工業組合連合会では女性活躍を盛り上げる | 電気工事業界で活躍する女性たちと題して業界をあげて女性の活躍を盛り上げています

電気工事は「女性でも活躍できる仕事」ではありません。
「女性だからこそ活躍できる」相性の良い仕事があるのです。

女性が少ない現場に行くと孤独や不安になったりすることもあるかもしれませんが、まだまだ女性の技術者が少ない今だからこそチャレンジする価値が非常に大きい仕事です。

女性の電気工事士が少ない今が、パイオニアになれるチャンスです。
一歩を踏み出して電気工事の業界を一緒に照らしていきましょう。

\プロがおすすめする/