電気工事会社の求人を探そう

電気工事の志望動機どう書く?履歴書でアピールすべき5つのポイント

電気工事士に転職するときに欠かせないのが「履歴書作成」。

特に「志望動機」は、どのように書けばいいのか迷うところです。この記事では、成功する志望動機の書き方や履歴書でアピールすべきポイントを詳しく解説します。

電気工事士への転職の際に、志望動機でみられるポイントをおさえておけば転職成功に近づきますよ。

リベルタ

転職を成功させたいなら、まずは履歴書

すぐに履歴書のアピールすべき5つのポイントを読みたい人はこちらからどうぞ

志望動機を書く前に知っておきたい電気工事会社で求められる人材

まず、志望動機を書き始める前に、電気工事会社が求めている人材を知りましょう。電気工事の経験者と未経験者に分けて、履歴書で重視される点を探ります。

1.経験者は実績重視

同業種からの転職で重視されるのが「過去の実績」です。

経験者は即戦力としてみられるため、過去の実績が重要視されます。今までどのような仕事に携わったのか洗い出しましょう。応募先の仕事内容と自分の実績を照らし合わせ、似ている業務をみつけておきます。

もし、似ている実績がない場合は、仕事に取り組む姿勢や持っている資格から、仕事内容に活かせる点を探しましょう。

2.未経験者は電気工事の仕事に対する理解度を重視

未経験の場合、重視されるのが「仕事に対する理解度」。

電気工事の業務は、おおまかに「内線工事」と「プラント工事」に分けられます。応募する仕事がどちらに当てはまるのか理解しておきましょう。

また、本格的な作業をするには、電気工事関連の資格が必要です。
仕事をしながら資格の勉強をする意識を持っておきましょう。未経験者は仕事内容への理解と資格取得の意志を、アピールすると一目おかれますよ。

リベルタ

仕事のイメージは大事やで。

詳しくはこちらの記事で書いています。

電気工事大手の会社が求める人材
電気工事大手の会社が求める人材とは?取得すべき資格をチェックせよ大手の電気工事会社の求人票をチェックしています。大企業に入れたければ、入るための条件を事前に確認して自分の進むべき道を決めていきましょう。...

電気工事士の志望動機はどう書くべき?成功する志望動機の書き方

電気工事会社が求める人材が理解できたら、志望動機の内容を考えていきましょう。ここでは、電気工事士の志望動機に書くべき内容を3点お伝えします。

1.なぜ応募先の会社でなければいけないのか

数ある会社の中から、どうして応募先を選んだのかを書きましょう。

例えば、仕事内容、資格取得の補助、福利厚生、賃金、年齢層、企業理念、地域貢献、通勤のしやすさがあげられます。
選んだ理由を具体的に説明できるようにしておくと、面接でも役に立ちます。

2.応募先のどの部署に配属を希望するのか

志望動機には、どの部署に配属を希望するのか書きましょう。

電気工事会社は、部署により業務内容も変わります。
現場作業、施工管理、図面の作成など多種多様です。今後どのような働き方をしたいのか考え、希望する部署を伝えましょう。職人を目指すか、施工管理を目指すのかなど、キャリアビジョンを伝える機会にもなります。

3.自分が応募先に貢献できることは何か

働いたときの姿が想像できるように、応募先に貢献できる内容を書きましょう。

経験者は実務経験から考え、未経験者は仕事への熱意や姿勢を伝えます。もしすぐに思い浮かばない場合は、次にお伝えする「履歴書でアピールすべきポイント」を参考に、ご自身の強みを考えてみてください。

履歴書でアピールすべき5つのポイント

電気工事会社に転職するときに、履歴書でアピールすべきポイントを5つご紹介します。会社が求める人材とマッチするアピールポイントを見つけておけば、採用担当者に響く履歴書が書けますよ。

1.実務経験

経験者が、アピールすべきポイントは「実務経験」です

職人を一から育てるには時間がかかるため、即戦力になる人材はなんとしても手に入れたいと考えています。
電気工事は個人のスキルが求められるため、実務経験は大きなアピールポイントになります。

2.資格

電気関連の資格を持っている方は、履歴書でアピールしましょう。

例えば、下記の資格は転職で有利です。

  • 第二種電気工事士
  • 第一種電気工事士
  • 電気工事施工管理技士(1級、2級)など

未経験の場合は、働きながら資格を取る意欲をアピールするとよいでしょう。

リベルタ

必要な資格を知ってるだけでも差がつくで。

3.丁寧さ

電気工事士への転職では、丁寧さもアピールポイントになります。

電気工事は危険をともなうため、緻密な作業を丁寧におこなう技術が求められます。経験者は実務経験から、未経験者は丁寧に作業ができるエピソードを書きましょう。

4.体力

電気工事士は、現場作業が多く体力が必要な職業です。

実務経験がない方は、体力をアピールするのも一つの手。重い道具を腰にさげて作業したり、重いものを運んだりと力仕事はつきものです。
体力がある人材は、くじけずに長く働けると判断してもらえます。

5.コミュニケーション能力

電気工事士は、コミュニケーション能力不可欠です。

一人でできる作業は限られているので、周囲と協力して仕事ができるコミュニケーション能力は強みになります。
施工管理を目指す場合は、社内だけではなく、下請け企業や資材メーカーなどとの橋渡し役になるので、関係者とうまく付き合える能力は重宝されます。

電気工事士の志望動機の例文をご紹介

今までお伝えした書き方やアピールポイントをふまえて、志望動機を作りましょう。未経験と経験者にわけて、志望動機の例文をご紹介します。

リベルタ

すぐに役立つ!!

【未経験の場合】志望動機の例文

未経験者の志望動機は、仕事内容への理解とアピールポイントを書きましょう。また、人に感謝された出来事や仕事での成功体験をエピソードとして盛り込むと印象に残る志望動機になります。

【例】アピールポイント:資格、丁寧さ

職業訓練校で学んだ電気の知識と持ち前の器用さを活かせる仕事だと思い、応募いたしました。

電気を学び、電気工事は建物の安全を守る重要な仕事だと知りました。大学ではCADを習っていたので、現在勤めている工場で事務所の間取りを決めるときに役に立っています。

電気工事の図面作成にもチャレンジしたいです。
持ち前の器用さと電気の知識を活かして、仕事に取り組みたいと考えております。入社後は、1日でも早く戦力になれるように、第二電気工事の合格を目指します。

【経験者の場合】志望動機の例文

経験者の志望動機は、アピールポイントだけでなく、実績を具体的に書くように意識しましょう。工事や建物の種類、経験年数などを書くと伝わりやすいです。

【例】アピールポイント:実務経験、資格、コミュニケーション能力

前職では、商業施設や公共施設の電気工事に5年間従事しておりました。キャリアアップを目指して、施工管理業務を数多く経験できる貴社に応募いたしました。

入社後は、2級電気工事施工管理技士の資格取得を目指します。
施工管理の仕事を円滑に進めるためには、人間関係も大切だと考えています。工事全体の流れや周囲と連携して進める力を現場で身につけたいと思っております。

電気工事士の志望動機で気をつけるポイントは?

志望動機には、書かないほうがいい内容や気をつけるべきポイントがあります。履歴書を提出する前に確認しておきましょう。

応募先の募集要項をくまなくチェックする

応募先の募集要項には、会社が欲しがっている人材について詳細に書かれています。

例えば、仕事内容、必要な能力・スキル、求める人物像などの項目です。いま一度募集要項を見直して、志望動機の内容とズレがないか確認しましょう。

経験者は職務経歴書を添付する

経験者の場合は、職務経歴書を添付して実績をアピールしましょう。

電気工事士への転職は、実務経験があると有利です。志望動機に書ききれなかった実績は、職務経歴書でカバーして、他の応募者に差をつけましょう。

会社の安定性を志望動機にしない

志望動機として「会社の安定性」を書くことはNGです。

電気工事はインフラを扱うため、仕事が減りづらい職業です。
会社の安定性を書きたくなりますが、定型文のように受け止められる可能性もあり、悪い印象を与えかねません。志望動機には、安定性よりも仕事を前向きに取り組むアクティブさを伝えたほうがいいでしょう。

【書類審査はこれでバッチリ!】履歴書でのアピールポイントまとめ

今までお伝えしたポイントをおさえて履歴書を書けば、書類審査も乗り切れます。

志望動機に書くべき内容をまとめると……

  • 応募先の会社を選んだ理由を書く
  • 自分が会社に貢献できることを書く
  • どの部署に配属されたいのか伝え、働く姿を想像してもらう

履歴書でアピールすべきポイントは……

  • 実務経験
  • 資格取得
  • 丁寧さ
  • 体力
  • コミュニケーション能力
リベルタ

書類審査はバッチリ!!

実際の面接では、履歴書の内容を自分の言葉で説明を求められるケースもあるので、この記事の内容を自分にものにしておくといいですよ。

電気工事会社へ転職するときの志望動機の書き方を理解して、転職を成功させましょう。

電気工事士の仕事内容|種類や範囲から年収まで総まとめ電気工事士の資格の内容や年収、将来性について、電気工事に興味のある未経験者の人に向けて書いています。...
\プロがおすすめする/
\プロがおすすめする/