今ビルメンが熱い!

ビルメンはコミュ障でも務まる?最低限必要なコミュニケーションとは

コミュ障でもビルメンならなんとかなるらしい、という話を聞いて興味を持ったものの不安しかない。

なんて悩んでいませんか。

こちらのページでは、ビルメンの仕事について、コミュ障でも務まるのか、どういったコミュニケーションが必要なのか、といったことをまとめてみました。

この記事を読めば、ビルメンを目指すにあたって必要な心の持ち方がわかります。

リベルタ

今はコミュニケーションもスマホの時代だからな。

>>>>未経験者からビルメンへの転職や資格についてはこちらにまとめています。

ビルメンはコミュ障でも務まる?

ビルメンは、コミュ障であっても務まりますが、どこでも大丈夫かというとそれは職場によっても変わってくるというのが正直なところです。なぜならビルメンにも勤務先によって環境が違うからです。

コミュ障についても個々にその度合いも異なり、完全に人と接するのが無理!という方にはビルメンの仕事はキツイかもしれません。ビルメンの仕事というのは、想像以上に人と接する機会があるのです。

いきなり壁を感じてしまうかもしれませんが、ビルメンでは接客業や営業マンのような高レベルのコミュニケーションが必要なわけではありません。

ビルメンでも最低限のコミュニケーションは必須

ビルメンというのは、人と接することなく楽な仕事と思って選択すれば、全然違うじゃん!など不満に繋がる可能性があります。

ビルメンは、前述のように意外と人と関わることが多いのです。

ビルメンは人と接する機会が無いわけじゃない

ビルメンはビル管理の仕事ですから、業者が来たり、テナントに入っている方とのやりとりがあったり、場合によってはビルに来たお客様との対応もあったりします。

トラブルが発生すれば、同僚と連携をとって対応する場面もありますし、場合によってはオーナーへの報告をすることもあります。

こうした対応で求められることというのは、あくまでもビルメンの業務上での報告、確認、相談といった内容です。

接客業、営業マンであれば、相手に喜んで商品を手にしてもらえるようなコミュニケーション能力やトーク術が必要になってきますよね。ですが、ビルメンでは、業務における報告・相談といった内容で、あくまでも現状を正確に伝え、相手の意向などを受け取ることが中心です。何かを売り込む必要もありません。

リベルタ

売り込む必要はない!

ビルメンとしての知識と相手との最低限のやりとりが可能であれば、たとえコミュニケーションが苦手であっても、仕事をするのにそれほど大きな障壁とはならないはずです。

大切なのは、同僚とのコミュニケーションでしょう。どの職場でも、コミュ障でなくても、人間関係がネックになることは多いですよね。

ビルメンでは何人かのメンバーと一緒に仕事をすることが多く、そこで全くやりとりができないと、長期間の勤務で心が疲れてしまいます。ビルメンでは宿直勤務もあり、長いときで24時間一緒にいることも珍しくありませんので、ちょっとした会話くらいはできるといいですよね。

ビルメンには、コミュ障の方も少なくありませんし、全く別の職種から転職してきた人など事情を抱えている方も少なくありませんので、理解し合える仲間が見つかることもあるでしょう。

あまり気負わずに、まずは行動してみないと何も体験することができません。

ビルメンを目指すならコミュ障でもマナーは大切

ビルメンで最低限必要なコミュニケーションというのは、業務上の報告や連絡がメインになりますが、最低限のマナーは必須になります。

ビルメンはビル管理という仕事ではありますが、サービス業という一面もあります。
つまり、オーナー、テナント、施設を利用するお客様などに対して、失礼のない対応をしないとクレームに繋がる可能性もあるのです。

人とのコミュニケーションは面倒だったり精神的にきつかったり悩ましい面もありますが、仕事上での業務連絡ですから、正確に関係者に失礼のないよう、意思疎通できることが何より大事です。

大型商業施設はキツイ?オフィスビルよりもコミュニケーションが必要

大型商業施設となると、多くのテナントや、その施設を訪れる来客など、業者以外にも多くの人が関わってくる可能性が広がります。

オフィスビルなどに比べると、コミュニケーションが必要な場面が多いと言えるでしょう。

ビルメンといっても、職場ごとにその内容は多種多様。現場ごと、所属する企業ごと等でその環境も異なり、当たり外れもありますので、選ぶ際には、どういった内容なのか、しっかりと確認しておくといいですね。

コミュニケーションに自信がなくても、資格を取得したり経験を積むことで、ビルメンとしての技術を磨くことはできます。コミュニケーション以外で有利に転職できるような方法を考えて実践していくといいでしょう。

資格や経験があれば、もしもハズレの職場に配属となってしまったとしても、転職をしながら、よりあなたに合った職場を見つけることができるはずです。

リベルタ

大型商業施設はめっちゃ人がくるからな。

コミュ障でもビルメンに向いている人

ここまである程度のコミュニケーションは必要であるとお伝えしてきましたが、コミュニケーションが苦手というのはプラスよりマイナスに働いてしまうものですよね。

そのため、大事なことはコミュニケーション能力をカバーするために行動できるかどうかです。コミュ障は簡単にどうにかなるものではないですが、その他のことは努力次第ではないでしょうか。

例えば、

  • 周りが持っていない資格を保有している
  • トラブルの対応で頼りになる
  • いつも冷静に対応できる
  • 事務処理が迅速にできる
  • 気遣いができる

など、少しでも周りよりプラスに働く要素を身に付けることができれば、周囲からの評価も変わってくるでしょう。

コミュニケーションは苦手でも、例えばビルメン4点セット取得、さらに三種の神器の中のひとつでも取得を目指すといった努力ができれば、会社からの評価もアップし、転職にも有利です。

リベルタ

コミュ障でも冷静に対応できる人は頼りにされる。

ビルディング4点セットの難易度
ビルメン4点セットの難易度ランク|まずは〇〇からはじめるべし!4点セットの資格を順番や難易度を説明しています。完全未経験者もまずはこの記事を読んでください。...

トラブルが発生したときも、冷静な判断力を持って対応できれば、周りから一目置かれることでしょう。もちろんそのためには、知識や経験が必要となりますが、日々の仕事を意識するかどうかで、将来性も変わってくるはずです。

また、チームで作業する際に、ちょっとした気遣いができれば、それが潤滑なコミュニケーションに繋がることもあります。

コミュ障であっても、心持ちや努力次第では十分にカバーすることが可能です。まずは行動してみて、そこから自分で何ができるのか、資格を目指したり、技術を磨いたり、ちょっと人より努力すれば今までとは違う一歩を踏み出すことができるでしょう。

\プロがおすすめする/