【電気工事士になるには?】未経験者からでもプロへのなり方をステップ毎に紹介!

こんにちは。リベルタ(@liberta0101)です。
電気工事士として20年以上メシを食べてきています。

個人の電気店で働くところからはじめた電気工事キャリアでしたが、現在はメーカーに勤務して年収900万円以上を稼いでいます。

リベルタ

まぁまぁがんばったな。

詳しいプロフィールはこちらです。

この記事を読んで欲しい人はこちらの方になります。

  • これから電気工事をはじめてみたい
  • 電気工事に興味がある
  • DIYやりたいけど、電気って怖い
  • 就活、転職、定年後のために、とりあえず第二種電気工事士をとってみたい
  • 電気工事の仕事ってどんなことをしているか知りたい
  • 電気工事の仕事をしているけど、このままでいいか心配

僕のあとをたどってくれば、電気工事の会社員で年収900万円も夢ではありません。

結論からいえば、資格を取得してから転職サイトに登録すると、効率よく年収が上がるのでおすすめです。

すぐにおすすめの資格のとり方を知りたい方はコチラをどうぞ。

【ステップ1】電気工事士の仕事内容を知ろう

電気工事士には種類や仕事内容があります。

  1. 第1種電気工事士
  2. 第2種電気工事士

6600Vの高電圧も取り扱える第1種電気工事士と住宅などの低い電圧を取り扱う第2種電気工事士に分けられます。

未経験者は、まずは第2種電気工事士をとることをおすすめです。
第2種電気工事士は、受験資格がないので、誰でも受験でき免状をもらうことができます。

電気工事士の年収は一般的には400万~500万円と平均並ですが、手に職をつければ定年後の仕事にも活かせるので、将来のお金と仕事の心配がなくなりますよ。
完全未経験からでも、僕のように転職してメーカーに勤務することも可能なのが電気工事士なんです。

リベルタ

需要があるから引っ張りだこ!

詳しくは、こちらの『電気工事士の仕事内容|種類や範囲から年収まで総まとめ』の記事で、Q&Aつきで書いています。

【ステップ2】第二種電気工事士は受験資格がいらない

第二種電気工事士は国家資格です。

※写真の資格証は第一種電気工事士免許になります。

筆記試験と技能試験があり、まずは筆記試験に合格してから技能試験に合格すると第二種電気工事士になることができます。

受験資格は特にないので、下記のような幅広いの年代の方が受験しています。

  • 高校生
  • 就職・転職を考えている人
  • 定年に向けて次の仕事を考えている人
  • 自己啓発をしたい人

年に2回試験があります。

チャンスがおおいので、未経験からも短期間で合格することが可能です。

リベルタ

未経験からでも合格できるんや。

第二種電気工事士は基礎的な資格とはいえ、『就職・転職・定年後の再就職からDIYまで万能な資格』の記事で紹介しています。

【ステップ3】KindleUnlimitedで試験内容を無料でチェック!

すでに第二種電気工事士をお持ちの方はコチラをどうぞ。

資格をとりたいと思いながらも、何から勉強したら良いかわからない。

よく聞く電気工事士の内容が気になっている人や、下記にあてはまる人はKindleUnlimitedがおすすめです。

初回30日は無料で利用できますので、試験内容をチェックするのに最適です。

  • 電気工事士に興味があるけど、いきなり試験を受けるのはハードルが高いと感じている方
  • 第二種電気工事士の試験内容を知りたい
  • すでにKindleUnlimitedを購読している方

こちらの記事で第二種電気工事士の試験におすすめの電子書籍を紹介しています。

【ステップ4】第二種電気工事士を取得する

【ステップ4-1】通信講座で資格を取得する

僕のもっともオススメする方法です。

未経験者であっても第二種電気工事士の資格をとることができます。

下記の人には通信講座をおすすめします。

  • 第二種電気工事士免許を持っていない
  • 独学ではモチベーションが維持できるか心配
  • 試験を受けるからには合格したい
リベルタ

通信講座を受けてはやく合格するのが、一番コスパよかったりするもんやで。

僕がオススメの第二種電気工事士の通信講座はユーキャンです。詳しくはこちらの記事で紹介しています。

ユーキャンは未経験者におすすめ!【第二種電気工事士の合格率が91.5%】ユーキャンの第二種電気工事士通信講座を紹介した記事になります。 選ばれている理由や受講するメリットをやさしく解説しています。...

【ステップ4-2】独学で勉強して受験する

通信教育とまではいかないけど、興味があって受験してみたい人は書籍を購入するところから始めてもOK。

下記のような人は独学での勉強も良いですね。

  • 資格試験を複数もっていて独学に自信がある
  • 身近に電気工事士がいる
  • DIYで使いたい程度なので、資格取得を急いでいない
  • KindleUnlimitedで参考書の内容をみて、独学で勉強できそうだと感じた方

独学で勉強する人は、こちらの第二種電気工事士におすすめの参考書の記事をみてください。

【ステップ5】電気工事の工具を買う

第二種電気工事士試験に向けての工具

学科試験に合格しても、実技試験を受ける必要があります。

そこで必要になるのが「工具」。

リベルタ

試験もまだ先だし~
工具は種類がたくさんあってどれにしたら良いか悩むところ。

基本的にセールを除いて、工具を購入するタイミングは関係ありません。

早めに買って、自分で使ってみるのが一番いいですよ。

電気工事士の資格試験で使う工具と材料は、時間と効率を考えればセットでの購入がおすすめです。

詳しくは、こちらの記事で第二種電気工事士技能試験でおすすめの工具でかいています。

【ステップ6】電気工事会社に転職をする

僕が実践した方法で、一番はやく実務経験が積むことができます。

下記に該当する人は転職サイトへの登録をおすすめします。

  • すでに第二種電気工事士免許を持っている
  • 小規模の電気工事会社で働いている
  • すぐに現場の経験を積みたい

未経験者や工事経験が3年以下の人が電気工事の仕事を探すのに一番オススメの転職サイトはdodaです。

詳しくはこちらの『未経験者から電気工事士に転職するなら、おすすめの転職エージェントはdoda』の記事にかいてあります。

【電気工事の求人数が1000件超!】未経験者の転職にはdodaがおすすめ! 転職エージェントの中で最も求人数が多いのがdoda。 非公開求人を含めると10万件以上の求人をもっていて、デューダ子の存在も人気...

電気工事のよくある質問

未経験だと心配事がありますよね。

電気工事って具体的に何をしてるの?年収はどのくらい?といった疑問にお答えします。

すぐに知りたい方はTwiterのリベルタ(@liberta0101)にDMをくださいね。

リベルタ

電気工事で生活を豊かにするで~

\プロがおすすめする/
\プロがおすすめする/