電気工事士になるには?|未経験者からでもプロへのなり方をステップ毎に紹介!

こんにちは。リベルタ(@liberta0101)です。
電気工事士として20年以上メシを食べてきています。

個人の電気店で働くところからはじめた電気工事キャリアでしたが、現在はメーカーに勤務して年収900万円以上を稼いでいます。

リベルタ

まぁまぁがんばったな。

詳しいプロフィールはこちらです。

この記事を読んで欲しい人はこちらの方になります。

  • これから電気工事をはじめてみたい
  • DIYをやってみたいけど、電気って怖い
  • 就活、転職、定年後のために、とりあえず第二種電気工事士をとってみたい
  • 電気工事の仕事ってどんなことをしているか知りたい
  • 電気工事の仕事を始めてみたけど、このままでいいか心配

僕のあとをたどってくれば、電気工事のプロになって会社員でも年収900万円を稼ぐことも夢ではありませんよ。

「本当にそんなに稼げるの?」と思うかもしれませんが、実際僕は稼いでいます。

きついと思われている電気工事士の仕事ですが、僕は休日に趣味を楽しんだり、友人に会うためにひょっこり新幹線にのることにもあります。

これからお伝えするステップ毎に手順を進んでいくことが、プロへの近道です。

  1. 電気工事士の仕事内容を知る
  2. 電気工事士の資格を取る
  3. 電気工事士周辺の電気系資格を取得する
  4. 電気工事士を活かせる会社を探す

電気工事の世界では、中小零細企業が多くはじめのステップを間違えると、同じ仕事をしていても最終的に年収がまったく違ってきます。

効率よく稼ぎ、稼げるから仕事へのモチベーションがあがる好循環に入れば、自分の趣味や家族との時間も思う存分使うことができますよ。

【ステップ1】電気工事士の仕事内容を知ろう

はじめは気工事士について理解を深めることをおすすめします。

「きつい」とか「やめとけ」とか感じる人もいるようですし、実際に誰でも簡単に稼げる職業ではありません。

しかし、チャレンジをすれば年収を上げて人生を謳歌することができますよ。

詳しくは「電気工事ってどんな仕事?」をご覧ください。

【ステップ1-1】電気工事の種類と仕事内容

電気工事士には種類や仕事内容があります。

  1. 第1種電気工事士
  2. 第2種電気工事士

6600Vの高電圧も取り扱える第1種電気工事士と住宅などの低い電圧を取り扱う第2種電気工事士に分けられます。

未経験者は、まずは第2種電気工事士をとることをおすすめです。
第2種電気工事士は、受験資格がないので、誰でも受験でき免状をもらうことができます。

電気工事士の年収は一般的には517万円と平均よりも少し多い程度ですが、手に職をつければ定年後の仕事にも活かせるので、将来のお金と仕事の心配がなくなりますよ。
完全未経験からでも、僕のように転職してメーカーに勤務することも可能なのが電気工事士なんです。

リベルタ

需要があるから引っ張りだこ!

詳しくは、こちらの『電気工事士の仕事内容|種類や範囲から年収まで総まとめ』の記事で、Q&Aつきで書いています。

電気工事士の仕事内容|種類や範囲から年収まで総まとめ電気工事士の資格の内容や年収、将来性について、電気工事に興味のある未経験者の人に向けて書いています。...

【ステップ1-2】DIYにも最適|第二種電気工事士は受験資格がいらない

第二種電気工事士は国家資格です。

※写真の資格証は第一種電気工事士免許になります。

筆記試験と技能試験があり、まずは筆記試験に合格してから技能試験に合格すると第二種電気工事士になることができます。

受験資格は特にないので、下記のような幅広いの年代の方が受験しています。

  • 高校生
  • 就職・転職を考えている人
  • 定年に向けて次の仕事を考えている人
  • 自己啓発をしたい人

年に2回試験があります。

チャンスが多いので、未経験からも短期間で合格することが可能です。

第二種電気工事士は基礎的な資格とはいえ、『就職・転職・定年後の再就職からDIYまで万能な資格』の記事で紹介しています。

リベルタ

未経験からでも合格できるんや。

実際に僕の経験談も入った電気工事の仕事内容を知りたい方は、こちらの「電気工事ってどんな仕事?」をご覧ください。

【ステップ2】電気工事士の資格を取る

20年前には電気工事士の資格を持っていなくても、電気工事会社に勤めている人・現場で仕事をしている人が大勢いました。

しかし今は、資格のない人は絶対に作業してはいけません。

電気工事士は法的に認められた資格で、持っていないと電線の接続作業はできましせんし、そもそも知識がないと危険です。

リベルタ

ここでワイから、ひとつだけお願いがあるんや。

仕事はもちろんですが、ご自宅のDIYであっても必ず資格をもった人が作業をしてください。

電気は見えません。作業をしてその場では問題なくても正しい施工がされていないと感電事故の原因になります。

僕は電気工事に携わる者として電気工事による事故を減らしたいのです。

独学や通信講座で電気工事士の資格を取る方法を紹介していますので、ぜひご覧ください。

【ステップ2-1】通信講座で資格を取得する

確実に合格するためにもっともオススメする方法です。

未経験者であっても第二種電気工事士の資格をとることができます。

下記の人には通信講座をおすすめします。

  • 第二種電気工事士免許を持っていない
  • 独学ではモチベーションが維持できるか心配
  • 試験を受けるからには確実に合格したい
リベルタ

通信講座を受けてはやく合格するのが、一番コスパよかったりするもんやで。

未経験者の方が、合格に一番近道ができるように電気工事士の通信講座9社を比較していますので、ぜひご覧ください。

電気工事士通信講座9社を徹底比較|未経験者向けのおすすめランキング! 第二種電気工事士の通信講座は、種類が多くてどの講座を選べばいいのか迷ってしまいがちです。 この記事では、電気を初めて学ぶ方におす...

【ステップ2-2】独学で勉強して受験する

通信教育とまではいかないけど、興味があって受験してみたい人は書籍を購入するところから始めてもOK。

下記のような人は独学での勉強も良いですね。

  • 資格試験を複数もっていて独学に自信がある
  • 身近に電気工事士がいる
  • DIYで使いたい程度なので、資格取得を急いでいない
  • KindleUnlimitedで参考書の内容をみて、独学で勉強できる手応えを感じた方

独学で勉強する人は、『第二種電気工事士の資格を独学で合格する方法は?』の記事に受験資格やテキストについてまとめてあります。

第2種電気工事士の資格を独学で合格する方法は?おすすめのテキストや技能試験の対策を紹介!第2種電気工事士に独学で合格を目指している人に向けて、受験資格や勉強方法、筆記試験のテキストや実技試験の工具を紹介しています。勉強期間が十分にとれ、なるべく安く合格のみを目指したい人はぜひ読んでください。...

【ステップ2-3】実技試験に向けての工具はホーザンがおすすめ

学科試験に合格しても、実技試験を受ける必要があります。

そこで必要になるのが「工具」。

リベルタ

試験もまだ先だし~
工具は種類がたくさんあってどれにしたら良いか悩むところ。

基本的にセールを除いて、工具を購入するタイミングは関係ありません。

最近は受験者が増加しているため、筆記試験が終わったときや、合格発表の近くで売り切れになっているケースもありますので、早めのご購入をおすすめします。

早めに買えば、安心して実技試験に臨むことができますよ。

電気工事士の資格試験で使う工具と材料は、時間と効率を考えればセットでの購入がおすすめです。

詳しくは、こちらの記事で第二種電気工事士技能試験でおすすめの工具でかいています。

【ステップ3】電気系資格を取って戦闘力を上げる

電気工事士だけでも仕事に使うことができますし、転職や再就職に有利なのは間違いありません。

電気工事の仕事をするのであれば、さらに「他の人と差をつけたい」「年収をあげていきたい」と考えるはずです。

リベルタ

でもどうすればいいかわからないし、資格試験って難しそう。

未経験者の方でも取れる資格がありますので、徐々に自分を武装するように資格を取っていくと良いですよ。

一発大きな資格は効果がありますが、取得するのに数ヶ月間の労力が必要ですし、頑張ったからといって合格できるとは限りません。

電気工事士を取ったあとは、まずは手に入る武器で自分の戦闘力を上げていきましょう。

こちら「電気系の資格・試験」でまとめてありますので、ちょっと武器屋を覗く感じでみてみるのが良いですよ。

【ステップ4】電気工事士を活かせる会社を探す

僕が実践した方法で、一番はやく実務経験が積むことができます。

下記に該当する人は転職サイトへの登録をおすすめします。

  • すでに第二種電気工事士免許を持っている
  • 小規模の電気工事会社で働いている
  • すぐに現場の経験を積みたい

既に電気工事士の資格をもっている方は、転職サイトに登録をして自分が入社できる会社を探してみるのがおすすめです。

転職サイト・エージェント5社の比較や、今もこれからも熱い未経験者からのビルメンテナンスについてもご覧ください。

未経験者や工事経験が3年以下の人が電気工事の仕事を探すのに一番オススメの転職サイトは求人数が最も多いdodaです。

詳しくはこちらの『未経験者から電気工事士に転職するなら、おすすめの転職エージェントはdoda』の記事にかいてあります。

電気工事の求人数が1000件超!未経験者の転職にはdodaがおすすめ! 転職エージェントの中で最も求人数が多いのがdoda。 非公開求人を含めると10万件以上の求人をもっていて、デューダ子の存在も人気...

電気工事のよくある質問

未経験だと心配事がありますよね。

電気工事って具体的に何をしてるの?年収はどのくらい?といった疑問にお答えします。

すぐに知りたい方はTwiterのリベルタ(@liberta0101)にDMをくださいね。

リベルタ

電気工事で生活を豊かにするで~

\プロがおすすめする/