今ビルメンが熱い!

今ビルメンが熱い!未経験者から資格をとってビルメンテナンスに転職しよう!

「ビルメンは安定して長く続けられそう」「でも年配の方が多くて踏み切れない」と思っている方、若手の人材が不足している今がビルメンテナンス業界に飛び込むチャンスです。

ビルメンは資格の有無が物を言う世界です。
若くても資格を持っていれば重宝されますし、これから資格を取得し始める方も会社から補助があるケースもあります。
未経験であれば、まずはビルメン4点セットからチャレンジしてみましょう。

ビルディング4点セットの難易度
ビルメン4点セットで転職を勝ち取る

ビルメンテナンスに必要な資格。通称「ビルメン4点セット」について順番に解説しています。

ビルメンを始める

 

ビルメンテナンスの仕事は息が長く働くことができます。
「30代で未経験」からビルメンテナンス業界に入っても良いですし、取れるうちに資格だけでも取って定年後に備えておくのもよいでしょう。

時間とお金が許されるのであれば職業訓練に行く選択肢もあるかもしれません。
転職活動は自分ひとりの意見では周りが見えなりやすいので、志望動機のポイントを押さえ、転職サイトに登録するのがおすすめです。

資格は自分の武器になります。
「備えあれば憂い無し」といいますが「資格があれば食いっぱぐれなし」とも言われ続けています。今の仕事の将来性に不安を感じているある方は仕事内容や収入を比較してください。

 

資格の中でも特に強い、将来性があるのが「必置資格」と呼ばれる資格です。
必置資格は読んで字の通り「事業者が、かならず置く必要がある有資格者」のことをさしており、法律できめられているので欠かすことができない資格なのです。

消防設備士の資格をもっていれば、ビルメンの仕事によりプラスになります。

 

ビルメンテナンスはデータセンターの設備管理のようにインフラを支える仕事もあります。
コミュ障でコミュニケーションが得意でなかったり、24時間体制で仕事がしんどいケースもありますが、三種の神器を手に入れれば、定年後も引く手あまたでしょう。
工事に興味のある方は電気工事士とビルメンを比較した記事をご覧ください。

\プロがおすすめする/
\プロがおすすめする/