今ビルメンが熱い!

ビル設備管理の仕事はしんどい!6つの理由|楽な仕事と思うなかれ

ビルメンは楽な仕事と言われることが多いですが、実際には楽な面ばかりではありません。中には楽な現場もあるかもしれませんが、その中でもしんどいと思うような場面もあるものです。

とにかく楽そうだからビルメンになりたい!と考えて入社してみたら地獄だった!なんてことにならないように、どのようにしんどい面があるのか把握しておきたいですよね。

では、さっそくビル設備管理の仕事がしんどいという理由をチェックしていきましょう。

リベルタ

お金をもらうのに楽な仕事なんて、ない。

ビル設備管理の仕事はしんどい!6つの理由

ビル設備管理の仕事には、

  • 24時間体制
  • 業務範囲が広い
  • 雑用や汚れ仕事もある
  • 給料が安い
  • 資格取得のプレッシャーあり
  • 異常ナシが当然

といった面があり、これらが「ビル設備管理の仕事はしんどい」理由に該当します。では、一つ一つ見ていきましょう。

ビル設備管理の仕事は24時間体制

ビル設備管理というのは、24時間、365日体制での仕事になります。夜勤や宿直があり、生活リズムが崩れるため、慣れるまでは厳しい環境となります。

夜勤や宿直は楽そうな印象があるかもしれません。オフィスビル等であれば夜は人がいなくなりますので、それほど忙しくはないでしょう。ですが、病院やホテル等では夜もお客様がいますし、そういった現場では夜勤でも忙しいことがあります。

夜勤や宿直で不規則な生活になることで、中には体調を崩す方もいるので、このあたりは注意が必要ですね。

また、年末年始や連休なども交代制で勤務となるため、まわりの人が休む時に休めないという辛さもあります。家族と合わせて休日を取りたい人にはちょっと厳しい雇用条件ですね。

ビル設備管理の仕事は業務範囲が広い

ビル設備管理では、電気や空調設備の他、給排水設備、ガス設備、消火・警報設備、エレベーターやエスカレーター等の設備など様々なものの点検やメンテナンスを行うため、それぞれの点検項目やメンテナンスのルール、緊急時の連絡先を覚えておく必要があります。

このように様々な内容を覚えるまでは、毎日が研修のような感じですね。なんでも最初は大変ですが、覚えてしまえばそれほどに難易度の高い作業はないでしょう。

ビル設備管理の仕事は雑用や汚れ仕事もある

ビル設備の管理では、雑用や人の嫌がる汚れ仕事をしなければならないこともあります。

雑用に関しては、ビルのテナントの方や、病院であれば看護師さん、時には施設利用のお客様から業務範囲外と思われるような作業を依頼される場合があります。例えば草取りや雪かきだったり、ビルの設備でもなく、日常業務とは全く関係のない機器の接続や使い方を聞かれることもあるのです。

相手は直接ではなくてもお客様であり「それは自分でやって下さい」などと言える立場でもありません。結果、引き受けるしかないのです。

そうした雑務に追われて本来の仕事に手が回らなくなることもあったりもしますが、それで都度イライラしてストレスをためるような人だと長続きはしないでしょう。

汚れ仕事でありがちなのはトイレの詰まり、汚物処理などでしょう。そういった突発的な作業も発生しますので、楽な仕事と思っていると痛い目に合うことになります。

ビル設備管理の仕事は給料が安い

ビル設備管理では、月収10万円代から20万円代の方が多いです。この給料が安いのはビル設備管理の仕事で最大のデメリットかもしれません。

ただし、これは資格取得などで多少なりともカバーできる部分でもあり、本人の努力次第で上を目指すのも不可能ではありません。

リベルタ

空き時間を有効に使おう。

ビル設備管理の仕事は資格取得のプレッシャーあり

ビル設備管理会社では、資格取得を勧めてきます。資格を取得していけば、本人のスキルアップや資格手当などの旨味もあるのですが、これが会社のノルマ的な状況になると、プレッシャーになってしまいます。

ビル設備管理というのは、資格が重要な意味を持つ職場ですから、ここは割り切りが必要かもしれません。

ビル設備管理は異常を発生させないのが仕事

ビル設備管理の仕事は、異常を発生させないように点検やメンテナンスをするのが仕事です。

例えば営業マンのように、売上を上げて褒められたり認められたりといったことがほぼありません。日々トラブルがないようにコツコツと作業をするのみで、トラブルが発生しないからといってそれは当たり前、というのがちょっと切ないところです。

ですが、ひとたびトラブルが発生したら責任重大、大変なことになります。

特に病院などではトラブルなどがあってはならない現場ですので、日々のプレッシャーもあるでしょう。

ビル設備管理は周りから何をしているのかわかりにくい職業だけに、成果を理解してもらうのが難しいポジションだったりします。これはちょっと辛いところですね。

ビル設備管理の仕事のメリット

辛いことをたくさん書き連ねてしまいましたが、ビル設備管理の仕事にもメリットはあります。

それは、

  • 資格以外のプレッシャーがほとんどない
  • 平日の休みなど自由な時間を確保しやすい
  • 資格取得で手当アップ
  • 年齢を重ねても働き続けることができる

といったことです。

リベルタ

特に高齢になっても働けるのは大きい。

資格以外のプレッシャーがあまり無い

病院の設備管理など、プレッシャーがかかる現場もあるのですが、一般的な営業マンなどと比較すれば、ノルマ達成や納期に追われるといったこともなく、資格取得以外のプレッシャーというのはあまりないのがメリットと言えるでしょう。

平日の休みなど自由な時間を確保しやすい

交代制ですから、決まった曜日や年末年始のお休みなどは難しいとしても、平日には休みが取れます。

休日の混雑するときに休むより平日に休む方が便利という方にはメリットになりますね。

資格取得で手当アップ

資格取得をすれば、資格手当がもらえることが多いです。数千円と少ない手当でも、いくつか取得していけば少しはプラスになります。

資格取得で手当が付くならモチベーションもアップしますし、後に転職を考える時にも有利です。

また、資格取得をいつも意識することで、試験勉強も段々に苦にならず、やる気を維持できるようになっていきます。

待遇の良いところに転職できれば、年収アップも叶うかもしれません。

年齢を重ねても働き続けることができる

ビル設備管理の仕事は、人手不足も深刻であり、定年になっても再雇用などで長く働ける可能性が高いのも魅力です。

経験スキルは決して無駄にはならないので、これは大きな安心感に繋がるのではなりますね。

\プロがおすすめする/
\プロがおすすめする/